住宅ローンが払えない……そんなときには!

仕事やライフスタイル、家族の人数が変わって、住宅ローンが払えなくなってくることは、誰にでもあり得ることです。住宅ローンが払えなくなったらどうなるのか、それは誰しもが感じる恐怖だと思います。

住宅ローンが払えなくなったら、今住んでいる家は金融機関に差し押さえられ、勝手に売られてしまう、というイメージがあるかもしれません。しかし、これは必ずしも正解とはいえません。住宅ローンの支払いが滞ってしまったからといってすぐ、金融機関に家を売られるわけではないからです。住宅ローンの支払いが滞り始めて3か月くらいまでは、金融機関から催促される程度です。この期間にきちんと支払いペースを取り戻すことができればなんとかなることがほとんどです。その後、滞納が続くようなら、家の売却を推奨されます。それでも対策を講じなければ、あなたの家は金融機関によって勝手に競売にかけられてしまうことになります。

ですから、住宅ローンが払えないぞと思ったら、早々に対策を講じるべきです。こちら(の参考WEBサイト)なら、任意売却についての情報がたくさん載っています。金融機関に差し押さえられる前に任意売却できれば、売却はするけれど今の家を借りて住み続けることも可能になります。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

コメントする