家賃保証会社の更新時にかかる費用はどれくらい?

家賃保証会社は最近の賃貸物件では入っているケースが増えています。その家賃保証会社へは保証委託料を支払わなければなりませんが、賃貸契約の更新時にはどの程度の金額の保証委託料を支払うことになるのでしょうか?更新時の保証委託料について調べてみましょう。
借家などの賃貸契約には契約期間が存在します。それを過ぎて居住を希望する場合、契約の更新が必要になります。その時に必要になってくるのが家賃保証会社への保証委託料です。この保証委託料は入居時の保証委託料より低く設定されています。ただ入っている家賃保証会社やそのプランによっても更新時の保証委託料には違いがあります。
1年ごとの更新での保証委託料の安い会社なら10%というところもありますが、相場は家賃の0.3ヶ月分あるいは定額の10,000円というケースが多くみられます。
この更新時の保証委託料は、それまでの契約期間に家賃の滞納があった場合に、例えば家賃の1ヶ月分というように増額されたり、あるいは最悪の場合契約してもらえなかったりするケースもあります。家賃は口座から引き落とされる場合が多いですが、滞納という汚点は残さないようにすることが大事です。

参考サイト
https://www.4cs.co.jp/business/shikumi.html

コメントする